ちょっと昔の車の売却について

私はもともと車が大好きでいろいろな車に乗ってきたのですが、その過程ではかならず愛車との別れを経験しなければなりませんでした。私が一番思い出に残っている愛車との思いではホンダの車だったのですが、その車は彼女とのデート、そして結婚をしてからの家族旅行などなど非常に思い出のある車で、本当は手放したくなかったのですが、そのままおいておいても税金がかかってしまうということで、やむなく売りに出すことになったのです。いままでも何度かは車を売却してきた経験はあるのですが、そのときの車の査定のときはなにか思い出を査定されているような気分になってしまい非常につらい思いが有りました。最終的に値段がだされたときにはその値段を見て涙がでてくるほどでした。というのもその車は長年のってきた車だったのでもはや中古車としての価値がほとんどなかったのです。しかし、買取業者さんは私の気持ちをさっしてくれたのか少しだけ買取価格をあげてくれたのです。本当に粋な買取業者だなと感心した出来事でした。